読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医療事務員のはなし

医療事務職員のつぶやき

ケアマネジャーとは?

病院で働いていると、”ケアマネさん”と呼ばれる職業の方によくお会いします。

 

ケアマネとは介護支援専門員のことで、役割は多く存在します。

 

介護を必要をする利用者さんの希望をくみ取り、適切なサービスを紹介しながらケアプランを利用し、最適なケアを受けられるように支援し、アフターフォローまで行う業務をします

 

介護保険のプロです

マロリー・ワイス症候群

言葉だけで見れば全く意味のわからない病名ですが

 

マロリー・ワイス症候群とは、何回もおこる嘔吐により、胃または食道に亀裂が起こり、大量出血する症状です。

飲酒後や乗り物酔いなどが原因として多いです。

 

名前の由来は1929年にジョージ・ケネス・マロリーとソーマ・ワイスが初めて報告したことからつけられてるそうです

 

要支援・要介護とは

介護保険などで要支援、要介護などと記載されたものを拝見したことがある方もたくさんいると思いますが、これは一体なんのことか気にしたことありますか??

 

介護認定で判定される”要介護度”は、どの程度の介護を必要としているかという基準です。「要介護度1〜5」と「要支援1〜2」の7段階に区分けされます。

 

要介護度の区分によって介護保険を利用できる範囲が決まる他、支給限度額が決まります。

 

要支援は、介護サービスは、利用できませんが、介護予防のサービスが、用意されています。

 

要介護や、支援の、必要性が認められない自立できると判断されるものに「非該当」というものがあります。

非該当は市町村の地域支援事業や民間のサービスが受けられることがあります

介護などで困ったら、包括支援センターへ

包括支援センターとは、お年寄りの暮らしをサポートする”相談所”です

 

介護保険を利用したい

○介護のことで相談したい

と思ったらまず包括支援センターへ行きましょう。

 

包括支援センターは、お年寄りとその家族への支援を目的として設置され、広くサポートすることを目的として調整や相談をしてくれます。

 

高齢化に向けてのもんだいを解決する役割も担っているので、介護保険でなく、日頃の生活の問題まで、お年寄りに関わる相談ならなんでも気軽に相談できます!

 

わたしの最寄の包括支援センターでも地域のトラブルや、隣人間での問題まで解決に努めています。

例えば、お年寄りの虐待、環境の整備、ボランティアなどです

通所介護ってなんだ?デイサービス

デイサービスは主に日帰りで利用するもので、デイサービスセンターなどの施設に通って、食事や入浴などのサービスを受けたりします。通いながら介護を受けるようなものですね。

 

お年寄り同士のふれあいの場にもなりますね!

訪問介護と訪問看護②

訪問看護は、介護士ではなく、名前の通り訪問ナースが利用者のもとを訪れて、サポートします。

サービス内容は、療養上のお世話で、介護や看護のアドバイスを家族にしたり、病院へ行かないけど、定期的な看護が必要な方のための整備と支援などがあります。

 

主治医の指示が必要で、きちんと医師の管理のもと行われています。

 

訪問看護には、独立している訪問看護ステーションや、病院や診療所など医療機関に属する訪問看護があります。

 

独立している看護ステーションも、病院や診療所などの訪問看護と同様、医師に定期的に”訪問看護指示書”という訪問看護する上での指示を書いてある指示書に基づいて行います。

 

何が違うのかと言えば、そのステーションによって変わりますが、利用料金が主に違います。

 

 

 

訪問看護と訪問介護①

訪問介護は”ヘルパー”と呼ばれる「訪問介護員」や、「介護福祉士」が利用者のもとを訪れ、介護や家事など身の回りのお世話をする日常生活を送るために必要な援助をしてくれるサービスです。

 

だからと言って、召使いのように働いてくれるわけではなく、頼めることは決められています。また時間も決められています。

 

たまによく子育てしてるお母さんなどがホームヘルパーとして働いていますよね^_^